重要なお知らせ

坂戸・鶴ヶ島消防組合火災予防条例の一部が改正されました

(目的)

 平成25年8月に発生した福知山花火大会での火災を踏まえ、対象火気器具等を祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催し(以下「多数の者の集合する催し」という。)について、火災予防の徹底を図るために改正しました。
 ※ 対象火気器具・・・気体、液体、固定燃料や電気を熱源とする火気器具のこと。

(基準)

 対象火気器具等を多数の者の集合する催しに際して使用する場合には、露店ごとに消火器(業務用)を準備した上で使用することとなりました。

(届出)

 多数の者の集合する催しに露店等を開設する場合には、消防機関へ『 露店等の開設届出書 』を当該催しを行う3日前までに届出が必要となります。
 ※ 集合する者の範囲が個人的つながりに留まる場合(近親者によるバーベキュー、幼稚園での父母が主催するもちつき大会のように相互に面識がある者が参加する催しなど)は対象外となります。

 または多数の者の集合する催しを消防長が指定催し(1日あたりの人出予想10万人以上、かつ、露店等の数が100店舗を超える規模)として指定した場合には、防火担当者や火災予防上必要な業務計画を定めた『 火災予防上必要な業務に関する計画提出書 』を当該指定催しを開催する14日前までに提出が必要となります。

(問い合わせ先)

 坂戸・鶴ヶ島消防組合消防本部
 予防課予防担当
 TEL 049-281-3117(内線253)

▲このページの上へホーム