重要なお知らせ

消防組合では住宅用火災警報器の取付けが困難な場合は、取付けに協力します。

 坂戸市、鶴ヶ島市では住宅用火災警報器の設置が義務化となってから2年が経過しました。
 この間、消防組合では両市の広報誌等を始め、消防関係、坂戸市、鶴ヶ島市の行事等、あらゆる機会をとらえて住宅用火災警報器の設置義務化についての普及啓発に取組んでまいりました。
 しかしながら、過去2回のアンケート調査の結果によれば、まだまだ十分な普及率ではありませんでした。
 そこで、当消防組合では地域の消防団と連携し、次のとおり住宅用火災警報器の取付けが困難なお宅には、消防職・団員が訪問し取付けに協力することとしましたので、ぜひご利用下さい。
1 対象世帯
  障害者及び65歳以上の高齢者の単身または二人世帯で住宅用火災警報器を購入しても設置できない世帯
2 協力内容
  対象世帯の依頼に基づき、訪問して設置します
3 その他
  悪質な訪問販売と間違うことがないように消防車両で伺います
4 問い合わせ先
  坂戸・鶴ヶ島消防組合予防課
  ℡049-281-3117
    

坂戸市内で依頼のあったお宅の設置活動の写真を掲載しました。

▲このページの上へホーム