キッズコーナー

しょうぼうしょのハテナ? ~Q&A~

Q1 消防車はなぜ赤いのかな?

A1
昔、外国から輸入した消防車が赤色であったことから、赤にしたというのが一般的な理由です。
また、赤色というのは色の中では、目立つ色で注意を引く色であることも理由のひとつです。

Q2 救急車はなぜ色が白いのかな?

A2
清潔な色を連想させるため、白にしたというのが一般的な理由です。
なお、外国では、赤、白、黄、オレンジといろいろです。

Q3 消防署で、火事や救急がないときはどうしているのかな?

A3
火事や救急がないときでも、消防署は休むことはありません。
いろいろな火事や事故が起きても、活動できるように訓練をしています。
また、学校、映画館、デパートなど人がいっぱい集まる建物に行って避難する方法を教えたり、火事のときに役立つ設備の検査をしています。

Q4 救急車のサイレンはなぜ「ピーポー」サイレンなのかな?

A4
救急車もはじめは消防車と同じサイレンの音でしたが、救急車で運ばれる人や救急車が通るときに心にやさしいサイレンの音「ピーポー」となりました。

Q5 消防車や救急車がサイレンを鳴らして行くのは、どうして?

A5
消防車や救急車は、1秒でも早く火事や事故のおきている場所に到着して活動をはじめなければなりません。そのために、急いで火事や事故のおきている場所に向かっていることを周りの人や車に知らせるため、サイレンを鳴らして走っています。
消防車や救急車が消防署にもどるときや、仕事で出かけるときは緊急ではないのでサイレンは鳴らしません。

Q6 119番に電話するとどこにつながるの?

A6
消防本部の中にある通信指令室というところにつながります。皆さんから119番通報があったら、地図検索装置という機械で火事や事故がおきた場所を探して、消防車や救急車を出場させます。

50

▲このページの上へホーム