救命処置(心肺蘇生等)

新しい救命処置で変更されたこと

これまでの救命処置とくらべ、もっとも大きな変更点は、胸骨圧迫(心臓マッサージのこと)の意義が強調されたことです。
効果的な蘇生を行うには、できるだけ早期から、十分な強さと十分な回数の胸骨圧迫が絶え間なく行われることが重要です。

その他

新しい救命処置は、これまでの救命処置を否定するものではありません。
いざという場合には、これまでの方法であっても自信を持って実施してください。救える命を救うために!

10

▲このページの上へホーム