危険物施設の特別査察及び危険物施設総合消防訓練を実施しました。

令和元年6月2日から6月8日の「危険物安全週間」に、危険物取扱い事業所の自主保安体制の確立を図ることを目的とし、坂戸市・鶴ヶ島市の危険物取扱い事業所2施設の立入検査を実施しました。保安監督者は各種届出及び保安講習を受講しており、施設も良好に維持・管理されていました。

特別査察の様子

  • 特別査察の様子1
  • 特別査察の様子2


さらに、7月1日(月)には、危険物施設事業所の初期対応能力の向上と関係機関との情報の共有化を図ることを目的とし、田島ルーフィング㈱埼玉第二工場において総合消防訓練を実施しました。
訓練では、自衛消防隊が、119番通報、避難誘導及び消火器による初期消火訓練や負傷者2名の救出訓練を実施しました。その後、屋外消火栓から放水を実施しました。最後に消防車が到着し、延焼拡大した危険物施設に泡消火放水を行い、危険物による事故を想定した実践的な訓練となりました。

危険物施設総合消防訓練の様子

  • 訓練の様子1
  • 訓練の様子2
  • 画像
  • 訓練の様子4
  • 訓練の様子5
  • 訓練の様子6
  • お問い合わせ先:消防本部予防課(049-281-3117)
© 2019 坂戸・鶴ヶ島消防組合