停電、水没後の通電火災への備え

台風や豪雨による停電後、電気が復旧する際
水没後、乾いた電化製品を使用する際
火災(通電火災)が発生する危険があります。

以下の項目に注意して、通電火災を防ぎましょう!

  • 停電時の注意事項
  • 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜いてください。
  • 停電中に自宅を離れる際は、ブレーカーを落としてください。
  • 浸水等により電気機器が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使いましょう。
  • 煙の発生や異臭等の異常を発見した際は、直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡してください。
© 2019 坂戸・鶴ヶ島消防組合