文化財防火デーに伴う消防訓練を行いました

 第66回文化財防火デーにあたり、当組合管内の文化財等を火災から守るため、管内の文化財の警防調査及び管内4か所の寺院等に協力いただき、消防訓練を行いました。
 消防訓練では、寺院等の関係者が119番通報、避難誘導等を行うとともに、消防車両が出場し、放水等を行いました。

消防訓練実施場所

  • 飯盛神社(坂戸市大字片柳)
  • 慈眼寺(坂戸市大字中小坂)
  • 法雲寺(坂戸市大字多和目)
  • 日枝神社(鶴ヶ島市大字高倉)
文化財防火デーとは
 昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災によって、世界的な至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損しました。
 このような被害から文化財を守るとともに、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、昭和30年から、消防庁と文化庁の共唱により、法隆寺金堂が焼損した日である1月26日を「文化財防火デー」と定めて、文化財防火運動を全国で展開しています。
  • 飯盛神社飯盛神社
  • 飯盛神社通報訓練飯盛神社(通報訓練の様子)
  • 法雲寺法雲寺
  • 慈眼寺通報訓練慈眼寺(通報訓練の様子)
  • 慈眼寺慈眼寺
  • 日枝神社日枝神社
  • この記事に関するお問い合わせ先:坂戸消防署 049-281-3494
© 2019 坂戸・鶴ヶ島消防組合