• 車両図鑑

指揮車

指揮車

坂戸指揮車

災害活動の指揮をする人が乗って出動します。災害現場では指揮本部を設置し、災害の情報を整理、作戦をたて、隊員の活動の指揮をとり、危険な現場の安全を守ります。

平成31年3月に新たに導入された坂戸指揮車はストレッチャー式の指揮台やカメラ伝送装置などが積載され、災害現場で速やかに指揮本部を設置し、状況を指令センターへ報告できるようになっています。

指揮車

指揮車が配備されている部署
坂戸消防署(坂戸指揮車)、鶴ヶ島消防署(鶴ヶ島指揮車)

水槽付ポンプ車

水槽付ポンプ車

坂戸1号車

水のないところでも火を消すことができるようにタンクに水を積んでいます。火災現場では第一線で消火活動にあたります。

ホースや管そうなどの資機材が乗っているほか、吐水口、吸管やモニターなどがついています。液晶モニターでポンプやタンク水の状況が確認できます。

ホースや管そうなどの資機材が乗っているほか、吐水口、吸管やモニターなどがついています。液晶モニターでポンプやタンク水の状況が確認できます。

水槽付ポンプ車が配備されている部署
坂戸消防署(坂戸1号車)、東分署(東1号車)、西分署(西1号車)、鶴ヶ島消防署(鶴ヶ島1号車)

救助工作車

救助工作車

救助工作車

救助隊が乗る消防自動車で、交通事故や火事などの災害現場で人を助けるためのいろいろな道具を積載しています。

可動式ラックに救助用の資機材(油圧救助器具(挟まれたところを広げたり、切断したりできる機材))が載っています。ほかにもたくさんの救助用資機材が乗っています。

可動式ラック

救助工作車が配備されている部署
坂戸消防署(救助工作車)

梯子車

梯子車

坂戸梯子1号車

主に高所での消防活動に使用します。火災等でビルの高層階に取り残された人を救出したり、高所へ放水するために使用します。

高さは約35メートル、11階の屋上の高さまで上がることができます。

梯子車を伸ばした様子

梯子車(35m)が配備されている部署
坂戸消防署(坂戸梯子1号車)

高規格救急車

坂戸救急1号車

坂戸救急1号車

けがをした人や急に病気になった人を応急手当しながら、速やかに病院まで運びます。

車内にはストレッチャー(担架)や体の状態を測るためのモニター、各種救命機器が搭載されています。

高規格救急車

高規格救急車が配備されている部署
坂戸消防署(坂戸救急1号車、坂戸救急2号車)、東分署(東救急1号車)、西分署(西救急1号車)、鶴ヶ島消防署(鶴ヶ島救急1号車、鶴ヶ島救急2号車)


水槽付きポンプ自動車、高規格救急車、はしご車の3種類のペーパークラフトを作ることができます。→こちらからどうぞ

© 2019 坂戸・鶴ヶ島消防組合