119番通報

119番通報の種類

固定電話・携帯電話・公衆電話による119

固定電話・携帯電話・公衆電話による119

通常の119番通報について
119番通報するときは

FAX電話によるFAX119

FAX電話によるFAX119

聴覚障害をお持ちの方向け
FAX119について

画像

携帯電話・スマートフォン等の
インターネットによるWEB119

言語・知覚障害をお持ちの方向け。事前登録が必要です。
「Web119災害通報 受付システム」 携帯電話操作説明書

多言語通訳システム

当組合では、日本語が話せない外国人のために、通報者・消防・通訳会社と三者間での通話を行い災害対応するシステムを導入しています。

  • 多言語通訳システム

119番する際のお願いと注意事項

119番通報する際は、必ず正確な住所の確認をお願いします。

建物名や場所を言っていただいても、似た名前の建物や場所があるため、通報場所を特定するのに時間がかかってしまう場合があります。正確な住所を確認した上での通報をお願いします。

携帯電話(スマートフォン)で119番通報する際は、GPS(位置情報)機能を極力ONにしていただくようお願いします。

119番通報時は、通報者様の携帯電話から位置情報を取得しています。GPS機能をONにしていただくことで、より正確な通報位置を特定することが可能になります。
操作がわからず通報が遅れるようであれば、無理にGPS機能をONにしていただかなくて大丈夫です。通報を優先してください。

「消防車(救急車)のサイレンは鳴らさずに来て下さい。」という通報はご遠慮下さい。

消防車や救急車は緊急自動車であり、赤色灯をつけてサイレンを鳴らすことが法律(道路交通法第39条)で定められています。サイレンを鳴らさなくては、助けを求める人のところや病院へ迅速に行くことができません。サイレン吹鳴のご理解とご協力をお願いします。

間違って119番通報してしまった場合は、無言で電話を切らないで下さい。

もしも、間違って119番通報してしまった場合は、「間違えました。」と一言いって下さい。無言のまま切られてしまうと、何かあったのかもしれないと万一のことを想定して、確認の電話や消防車・救急車を向かわせる場合があります。

  • 画像
© 2019 坂戸・鶴ヶ島消防組合